スピードネット、第一種電気通信事業の許可を取得。首都圏でのサービス提供を予定 | RBB TODAY

スピードネット、第一種電気通信事業の許可を取得。首都圏でのサービス提供を予定

ブロードバンド その他

 総務省は、2.4GHz無線アクセスによるインターネット接続を予定しているスピードネットに対して、第一種電気通信事業の許可を与えたと発表した。

 同社は、ソフトバンク、マイクロソフト、東京電力などの出資によって設立されたことで当初より話題になったが、サービス提供が遅れていた。しかし、ここにきて第一種電気通信事業許可を取得したことで、5月のサービス開始というスケジュールが現実的となってきた。

 申請に記載されているサービス提供エリアは、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県の各一部地域。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top