倉敷ケーブル、4月10日にサービスメニューを変更。個人向けのメニューでIPアドレスの割り当て方法を選べるように | RBB TODAY

倉敷ケーブル、4月10日にサービスメニューを変更。個人向けのメニューでIPアドレスの割り当て方法を選べるように

ブロードバンド 回線・サービス

 倉敷ケーブルテレビ(KCT-Net)は、4月10日にインターネット接続サービスを変更する。

 大きく変更されるのは、現在の「一般向けサービス」だ。これがエキスパートタイプとスタンダードタイプの2つに分かれる。

 エキスパートタイプは、グローバルIPアドレスが1つ割り当てられるサービス。オプションを追加することで最大4つのIPアドレス(1,000円/月・アドレス)を利用できる。

 スタンダードタイプでは、プライベートIPアドレスが4つ割り当てられる。こちらは台数の追加はできない。

 このほか、エキスパートタイプとスタンダードタイプでは、ホームページ容量が10Mバイトに増量される(現在の「一般向け」は5Mバイト)。

 いずれも月額料金は5,900円で、現在の「一般向けサービス」と同額である。スタンダードとエキスパートの間のサービス変更は可能だが、手数料が1回あたり1,000円必要となる。なお、4月30日までは、エキスパートとスタンダードの変更が1回だけ無料で行える。

 また、現在の「企業・学校向けサービス」については、ビジネスタイプと名称が変更になる。ホームページ容量が現在の10Mバイトから20Mバイトに増量されるほか、基本メールアカウントも20個が提供されるようになる(現在は10個)。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top