NTT-MEと大京が設立した「ファミリーネット・ジャパン」、今度はライオンズマンション周辺に無線アクセスを提供。3月16日から荒川と竹の塚で | RBB TODAY

NTT-MEと大京が設立した「ファミリーネット・ジャパン」、今度はライオンズマンション周辺に無線アクセスを提供。3月16日から荒川と竹の塚で

ブロードバンド 回線・サービス

 ライオンズマンションで知られる大京とNTT-MEが共同で設立したファミリーネット・ジャパン(FNJ)は、3月16日から新たに、ライオンズマンションの屋上に無線のアンテナ親機を設置し、半径400メートルのエリアに2.4GHz無線インターネットアクセスを提供する。サービス名は「サイバーホーム・ワイヤレス」。

 利用料金は1世帯あたり月額4,980円。初期費用は25,000円に別途アンテナ取り付け工事費(10,000円〜)が必要となる。

 通信速度は最大1Mbpsで、これはマンション内でHomePNAによって提供されているサービス速度と同等である。マンションまでは光ファイバの専用線で引き込まれるという構成だ。

 最初のサービスエリアは、ライオンズマンション荒川公園とライオンズガーデンテラス竹の塚の周辺。

 デベロッパーが関与するだけあって、サービスの提供スタイルは「世帯単位」となっている。ホームページ容量は各世帯に50Mバイトが標準で提供される。電子メールアカウントは、無料で世帯の家族全員に提供されるという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top