bitcat、サービスメニューを大幅拡充。イーサネットベースの10Mbpsオフィスプランと1Mbps住宅向けサービスの試験サービスが登場 | RBB TODAY

bitcat、サービスメニューを大幅拡充。イーサネットベースの10Mbpsオフィスプランと1Mbps住宅向けサービスの試験サービスが登場

ブロードバンド 回線・サービス

 ビットキャットコミュニケーションズは、10Mbpsのオフィス向けインターネット接続サービスや、1Mbpsの家庭向けサービスの試験提供などを開始したと発表した。

 「bitcatオフィス10MEGA」は10Mbpsのインターネット接続サービスで、ビルまでの回線は光ファイバを使用し、ビル内へはイーサネットによって接続される。光ファイバ上の通信に、ATMではなくイーサネットを使用するのが特徴である。利用料は定額で月20万円。導入コストは初期設定費用が88,000円と工事負担金50,000円の合計133,000円。IPアドレスはグローバルで8個付与される。

 家庭向けの「bitcatホームプラン」は、マンションなどの屋上に受信アンテナと中継局を設置、各戸へはさらに無線で通信を行うという構成である。ベランダに取り付けたアンテナから室内へは、エアコンのコンジットを使用してイーサネットケーブルで引き込むようになっている。通信速度は1Mbpsで、複数のPCが接続可能。現在のところ、試験サービスは一部マンションに限られており、正式サービス開始の時期などは未定とのこと。

 そのほか、サーバハウジングサービスも開始された。10Mbpsを最大23サーバで共有するネットワーク構成が月額6万円(1U時)。内訳は、インターネット接続料が50,000円/月、ラックスペースが1Uあたり10,000円/月。オプションにはファイアウォールサービス(Firewall-1使用、50,000円/月)も用意されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top