ミクス、4月より利用料を5,000円に値下げし、サービス内容を拡張。ADSLサービス導入も検討開始 | RBB TODAY

ミクス、4月より利用料を5,000円に値下げし、サービス内容を拡張。ADSLサービス導入も検討開始

ブロードバンド 回線・サービス

 西三河ニューテレビ放送(ミクスインターネット)は、4月より利用料金を値下げする。新料金は、個人向けサービスが5,000円(現行6,000円)に、法人向けサービスが25,000円(現行32,000円)になる。

 また、法人向けサービスでは、新たに接続のみのサービスを月額15,000円で、バーチャルドメインレンタルサーバー(50Mバイト付属)を30,000円で提供することになった。

 利用料金の値下げ以外にも、個人向け・法人向け共各種サービスが拡張あるいは値下げされる。特に、接続パソコンの追加が有料から無料になる点とグローバルIPの追加料金が大幅に値下げされる点が特徴となった。

 現行の電話接続サービス(「もばいるMICS」と名称を変更)以外にも、「もばいる+1」という全国同一通信料金で利用できるオプションを追加した。サービスの変更点は次のとおり。

・基本サービス
 メールボックス容量:5Mバイト -> 10Mバイト
 送信メールサイズの上限:2Mバイト -> 5Mバイト
  
・オプションサービス
 ホームページ容量の追加:1,000円/1Mバイト -> 1,000円/10Mバイト
 メールアカウントの追加:500円/個 -> 400円/個
 メールボックス容量の追加:1,000円/1Mバイト -> 1,000円/5Mバイト
 メール転送サービス:300円 -> 200円
 接続パソコンの追加:4,000円/台 -> 無料
 グローバルIPの追加:3,000円/1IP -> 1,000円/1IP
 電話接続サービス:800円 -> 500円
 もばいる+1(新サービス):モバイル端末1台当たり300円。KDDIを利用。10円/分

 さらに、同社は、ADSLサービスの導入も検討していることを明らかにした。詳細は不明だが、個人向けサービスはCATVインターネット接続サービスと同額の利用料金になる予定だという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top