D-TV、インターネット放送事業を3月1日よりスタート。無料でオリジナルの番組を配信 | RBB TODAY

D-TV、インターネット放送事業を3月1日よりスタート。無料でオリジナルの番組を配信

ブロードバンド 回線・サービス

 D-TV(ディーテレビ)は、ネット上で無料の番組配信を行うインターネット放送事業を3月1日より開始すると発表した。

 D-TVは、ストリーミングラジオ放送と、ブラウザ表示のコントロールによるナビゲーションを組み合わせた「ナビラジ」など、音声、動画、HTMLドキュメントを組み合わせて番組を製作する。番組はWindowsMedia Playerで視聴できるオリジナル製作のもので、既存の地上波放送コンテンツに頼らない番組製作を行っていくとのことだ。収益源は広告。

 3月の事業開始時には、ドラマを3本、モータースポーツを2本提供する予定でいる。また、モータースポーツ番組の一部はナゴヤマガジンの月刊誌「LEFT」と提携して製作される。

 現在、オリジナルドラマ2本のほか、中日新聞のインパクサイトや、トヨタネッツの新車案内、ブラザー、ナゴヤドームなどのサイトで採用されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top