ソニー、bit-driveの新サービスとして動画素材の有料提供を開始 | RBB TODAY

ソニー、bit-driveの新サービスとして動画素材の有料提供を開始

ブロードバンド 回線・サービス

 ソニーのbit-driveサービスは、ブロードバンド向けの新サービスとして、動画素材のダウンロードサービス「Movie Library」を開始した。

 素材はそれぞれ100円から300円で、気軽に使用できるのが特徴となっている。また、「ホームページで流すイメージビデオ」(リリースより)などとして使用できる。

 Movie Libraryは「ソニー高画質ビデオ素材ライブラリー」と連動しており、Movie Libraryからのストリーム再生や動画ダウンロードのほか、ムービーのオリジナルである画像素材を業務用テープで購入したりといったことも可能である。

 用途に応じて、34kbps、225kbps、450kbpsの3種類のビットレートから選択できる。サンプルの2種類のムービー(花火/子猫)を見る限りでは、低ビットレートでも画像サイズを小さくしたりフレームレートを下げたりする対処のおかげで、圧縮による画像の乱れが抑えられている。

 形式はRealVideo G2。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top