@niftyで3Dコミュニケーションゲーム「WorldFishing」を19日より提供開始 | RBB TODAY

@niftyで3Dコミュニケーションゲーム「WorldFishing」を19日より提供開始

ブロードバンド 回線・サービス

 ニフティは、釣りを楽しみながら他のメンバーとリアルタイムで情報交換が可能な3Dコミュニケーションゲーム「WorldFishing」(アキ製作)を、@niftyで19日より提供開始すると発表した。

 WorldFishingは、世界中の海や川、湖にいるさまざまな魚を釣るゲーム。釣り上げた魚によってポイントが貯まり、船や釣竿、ルアー等をランクアップすることもできる。船や釣竿がランクアップすると、釣りのできる範囲が広がったり、釣れる魚の種類も増えるという仕組みだ。

 釣った魚は、石や海草等を自由にレイアウトした水槽に入れ、鑑賞を楽しめる。また、他のメンバーとリアルタイム3Dチャットができるので、情報交換したりする等、コミュニケーションツールとしても利用できる。

 ゲームを利用できるのは、@nifty会員とCombo会員で、利用料金は月額380円(2月末までは無料)。利用するには、DirectDraw/Direct3Dをサポートしたビデオカードと16Mバイト以上のVRAM、AGP接続であること、画面モードを16bitカラーに設定することが必要となるが、特別なソフトは必要としない。Matrix Engine1.0をインストールしたWWWブラウザ(Windows版 Microsoft Internet Explorer 4.0以上またはWindows版 Netscape Navigator 4.0以上)のみで利用できる。

 今後、@niftyはWorldFishingのような常時接続向けのコンテンツを強化していく予定でいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top