成田ケーブル、商用サービスで予定されているのは128kbps、256kbps、512kbpsの3コース | RBB TODAY

成田ケーブル、商用サービスで予定されているのは128kbps、256kbps、512kbpsの3コース

ブロードバンド その他

 成田ケーブルテレビは、本サービスで速度別に128kbps、256kbps、512kbpsの3つのコースを検討しているようだ。利用料は、それぞれ5,000円、9,000円、30,000円になる予定である。

 基本サービスには1個のメールアカウントが含まれ、IPアドレスはDHCPによるグローバルアドレスが割り当てられる予定になっている。また、本サービスでは以下のようなオプションも予定されているようだ(利用料金はすべて月額)。

  NAT接続:2,000円
  メールアカウントの追加(最大5個):500円/個
  ホームページサービス(最大25Mバイト):500円/5Mバイト
  IP追加(最大5個):1,000円/個
  固定グローバルアドレス(最大5個):2,000円/個
  ダイヤルアップサービス:2,000円

 また、1月31日のニュースで「同社の上位接続先であるTTCNは、2月14日にバックボーンを800Mbpsから8Gbpsの冗長構成へと増強する。」との記載は、あくまでもTTCNからのバックボーンのことであり、成田ケーブルテレビのバックボーン速度ではない。

 現在のバックボーン速度は正確には不明だが、情報提供者によれば昨年11月13日に1.5Mbpsに増速されたということである。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top