北海道電力、パワーラインを利用したインターネット接続の実証実験を開始 | RBB TODAY

北海道電力、パワーラインを利用したインターネット接続の実証実験を開始

ブロードバンド 回線・サービス

 北海道電力は、光ファイバからパワーラインを利用したインターネット接続の実証実験を2月より2002年3月まで行うと発表した。実証実験は、札幌市内にある北海道電力の社宅を利用して実施される。

 この実証実験では、配電線の特性測定、モデムの基本性能、モデムを複数個設置した場合の基本性能、家庭電気機器による影響を検証することを目的に、3段階に分けて行われる。

 第一段階では、一戸建て1軒あるいは集合住宅の1軒に対してパワーラインを接続して行われる。第二段階で複数個の一戸建てや集合住宅などを接続し、最後の第三段階で光ファイバをアクセスラインとした総合試験が行われる。

 パワーラインをアクセスラインとして利用することは以前より検討されているが、家庭電気機器などの問題によりあまり進んでいない。現在、九州電力が実証実験を行っている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top