Infovalley、スタンダードタイプを5,000円に値下げするとともに下り2Mbpsの「ハイパータイプ」を新設 | RBB TODAY

Infovalley、スタンダードタイプを5,000円に値下げするとともに下り2Mbpsの「ハイパータイプ」を新設

ブロードバンド 回線・サービス

 Infovalleyは、2月1日からスタンダードタイプの月額利用料を5,750円から5,000円に値下げする。同じく、2月1日よりスタンダードタイプ(上下とも最大768kbps)よりも伝送速度の速い「ハイパータイプ」を新たに追加することにした。

 ハイパータイプは、最大下り速度2Mbps、上り1Mbpsで月額利用料が7,000円に設定されている。IPアドレスはプライベートだが、標準で8個利用できる。東京めたりっく通信が3月を目処に3Mbpsのサービス提供を予定しているが、現段階でADSLサービスに下り速度2Mbpsが提供されている商用サービスはまだない。ただし、このサービスは、伊那有線放送エリアに限定されている。

 また、同社は2月1日よりサービスエリアを伊那有線放送地域に広げる。これは、新サービス「ハイパータイプ」の提供開始と同時に実施されるようだ。今後、サービスエリアは中野有線放送、小谷有線放送エリアにも広がる予定である。

 Infovalleyは、更北有線放送、若穂有線放送、屋代有線放送、埴生有線放送、坂城有線放送を対象に、2000年1月よりDSL接続サービスを開始している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top