So-net、3月よりSo-net独自の「ADSLコース」と「光・IP通信網サービス(仮称)」に対応するサービスを新設。電話共用タイプで5,800円 | RBB TODAY

So-net、3月よりSo-net独自の「ADSLコース」と「光・IP通信網サービス(仮称)」に対応するサービスを新設。電話共用タイプで5,800円

ブロードバンド 回線・サービス

 So-netは、昨年末に新設した高速通信コースに、第2弾として「ADSLコース」を追加する。また、NTT東西が試験提供している光ファイバを利用したインターネット接続サービス「光・IP通信網サービス(仮称)」に対応するサービスも試験提供することになった。どちらのコースも、3月より申し込みおよびサービスが開始される。

 ADSLコースは、最大速度が下り1.5Mbps、上り512kbpsで、電話共用タイプが月額5,800円、専用回線タイプが月額7,600円、初期登録料が30,000円に設定されている。月額利用料には、どちらもNTTのDSL回線使用料が含まれている。IPアドレスは、グローバルIPが動的に割り当てられるなど、他事業者のADSLサービスをほぼ同等な内容となっている。サービスエリアは、東京都と大阪府の一部地域。サービス対象は、個人・ビジネス接続サービス会員。

 高速通信コースの第1弾として2月1日よりサービスインする「フレッツ・ADSLコース」は、NTT東西の提供するフレッツ・ADSLに別途加入する必要があるが、今回追加されたADSLコースではその必要がない。また、月額利用料もフレッツ・ADSLコースは、電話共用タイプで合計6,600円、専用回線タイプで合計8,200円となることから、若干割安に設定されている。

 「光・IP通信網サービス(仮称)」に対応した試験サービスの月額利用料は、基本メニューが5,800円、高スループットメニューが9,800円、集合住宅向けメニューが2,000円だが、別途NTT回線使用料が必要となる。対象は個人・ビジネス接続サービス会員で、サービスエリアはNTT東西の提供するエリアだ。なお、既存メニューからのコース変更は4月より受け付け開始となる。

 また、同社は、インターネットの専用サーバーにデータを保管したり、利用したりするデジタルデータストレージサービス「WebPoket」を、今春より開始する予定だ。このサービスでは、個人のデータを保管・利用するだけでなく、さまざまなジャンルのビデオコンテンツが収録されている「WebPoketコンテンツライブラリ」から、好きなコンテンツをWebPoketに購入、WebPoket上で再生することもできる。利用料などの詳細は未定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top