マイクロ総研、NetGenesis CAT用のPPPoE対応ファームウェアを公開 | RBB TODAY

マイクロ総研、NetGenesis CAT用のPPPoE対応ファームウェアを公開

ブロードバンド その他

 マイクロ総合研究所は、同社のレジデンシャルルータ「NetGenesis CAT」向けの新ファームウェアを公開した。公開されたのはVer3.305.01で、PPPoE(PPP over Ethernet)対応やIPアドレス変換を行わないモードなどが追加されている。

 PPPoEはLAN経由でPPP接続をするもので、フレッツADSLや東京めたりっく通信のSingleサービスなどに使用されており、新ファームではこうしたサービスでもルータが利用できるようになる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top