名古屋めたりっく、10日に名古屋市の名古屋中局と広小路局を開局。また、3月初旬開局予定の千種第二局など11局で受付開始 | RBB TODAY

名古屋めたりっく、10日に名古屋市の名古屋中局と広小路局を開局。また、3月初旬開局予定の千種第二局など11局で受付開始

ブロードバンド 回線・サービス

 名古屋めたりっく通信は、3月初旬開局予定の15局のうち、まだ申し込み受け付けを行っていなかった残りの11局すべての局で、本日より受け付けを開始した。

 受け付けを開始したのは、名古屋市内の浄心局、瑞穂通局、滝子局、八事局、布池局、名古屋金山局、千種第二局、名古屋中村局、 矢田局、鳴子第二局、熱田別局の11局。

 3月初旬には、上記以外にも千種覚王山局、名古屋山田局、名古屋中川局、笠寺局の4局が、下旬には全部で17局が開局を予定している。3月下旬に開局を予定している局は次のとおり。

  名古屋港局、稲永局、名古屋新東局、名古屋守山局、
  名東局、猪子石局、名古屋東山局、天白局、
  名古屋緑局、下之一色局、大同局、道徳局
  則武局、稲葉地局、味鋺局、平手局、名古屋万場局

 同社は12月20日に名古屋市の笹島局を、10日に名古屋中局と広小路局を開局した。そして、2月には大曽根局を、3月には名古屋市内で合計32局の開局を予定しており、3月中に名古屋市内での全開局を目標としている。ただし、4月以降の開局予定と名古屋市以外の地域での開局については不明である。

 また、大阪めたりっく通信同様、名古屋めたりっく通信もNTTのDSL回線使用料を同社に支払うように変更された。DSL回線使用料は電話共用タイプでは187円、専用線タイプでは2,062円である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top