東武鉄道、光ファイバケーブルの賃貸サービスに参入。東武線沿線400kmに敷設を予定 | RBB TODAY

東武鉄道、光ファイバケーブルの賃貸サービスに参入。東武線沿線400kmに敷設を予定

ブロードバンド 回線・サービス

 東武鉄道は、東武伊勢崎線、日光線、宇都宮線、野田線、東上線の沿線、東京、千葉、埼玉、栃木、群馬の1都4県のわたる主要区間約400kmに最大200芯の光ファイバケーブルを敷設し、通信事業者などに貸し出す賃貸事業に参入する。

 賃貸サービス自体は、すでに敷設されている伊勢崎線の東武動物公園〜館林間の33.6kmで、本年度中に開始する予定でいる。また、やはり本年度中に野田線の大宮〜春日部間の15.2kmに光ファイバケーブルを敷設し、来年度から2002年度にかけて順次敷設エリアを拡張していく計画になっている。

 同社グループは、東上線沿線の志木市、朝霞市などをサービスエリアとする東上ケーブルテレビで昨年10月よりCATVインターネット接続サービスを開始したり、2002年10月には春日部市をサービスエリアとする東武ケーブルメディアがCATVサービス開始を予定するなど、光ファイバネットワークへ積極的な展開を図っている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top