ユーズコミュニケーションズにビジネスパートナー24社が資本参加。70億円の第三者割当増資を実施 | RBB TODAY

ユーズコミュニケーションズにビジネスパートナー24社が資本参加。70億円の第三者割当増資を実施

ブロードバンド その他

 有線ブロードネットワークスの子会社ユーズコミュニケーションズは、12月23日に28,000株総額70億円の第三者割当増資を実施した。新たに資本参加したのは、IIJテクノロジー、伊藤忠商事、伊藤忠テクノサイエンス、伊藤忠ファイナンス、エイベックス、エフエム東京、大塚商会、オリックス、関電工、コンパックコンピュータ、住友電気工業、ソニー、大和証券グループ、電通、日商エレクトロニクス、日本SGI株式会社SGI、日本コムシス、日本電気、博報堂、日立製作所、フジクラ、古河電気工業、丸紅、三井物産のビジネスストラテジックパートナーの24社。

 これにより、同社は資本金が25億円から60億円へと増資された。また、有線ブロードネットワークスの保有株式は100%から70%へとなった。

 ユーズコミュニケーションズは、有線ブロードネットワークスの100%子会社として7月に設立された。今回の増資により、10Mbpsという広帯域のFTTHサービスを、予定通り4月からサービス開始することがほぼ決定したといえる。
 
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top