リムネット、フレッツ・ADSLと光・IP通信網サービスにオプションで対応 | RBB TODAY

リムネット、フレッツ・ADSLと光・IP通信網サービスにオプションで対応

ブロードバンド 回線・サービス

 リムネットは、NTT東日本/西日本の提供する「フレッツ・ADSL」サービスに月額1,600円のオプションで、「光・IP通信網サービス(仮称)」サービスの基本メニューに月額5,500円のオプションで対応する。どちらのサービスも、サービスエリアはNTT東西の東京・大阪地区で、リムネットのメールアカウントが利用できる。

 気になるのは1か月に支払う月額料金の合計だが、フレッツ・ADSLの場合、電話共有タイプ(4,600円)でリムネットの200円コース(完全従量制、NTT以外のアクセスポイントを利用した場合に課金される)を選択すると、4,600円+200円+1,600円(リムネットのオプション料金)=6,400円でADSLにつなぎ放題となる。

 専用回線タイプならばフレッツ・ADSL利用料が6,200円になるので合計8,000円。光・IP通信網サービス(仮称)の場合は、リムネットのオプション料金5,500円になり、NTT東西の利用料が13,000円なので合計18,700円。

 同時に、20日にイー・アクセスが発表したADSL回線の最大速度の高速化と、15日に発表されたNTT東日本/西日本による接続料金の変更を受けて、同社はリムネットADSL有料試験サービスでの提供速度と月額利用料を変更した。

 ユーザに提供される最大速度は、2001年2月1日より下り1.5Mbps、上り512kbpsと、イー・アクセスに接続している他のISPに追随した。また、利用料も電話共用タイプ・専用回線タイプとも400円値下げ、それぞれ6,100円、7.900円とする。イー・アクセス系由でのこのリムネットADSL有料試験サービスは、2001年3月21日より本サービスへ移行する予定である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top