NTTのADSLサービス開始1周年。1年間で東西合わせて加入数が8,300に | RBB TODAY

NTTのADSLサービス開始1周年。1年間で東西合わせて加入数が8,300に

ブロードバンド その他

 NTT東日本/西日本がADSLサービスを開始して12月20日で1周年となった。郵政省の発表によると、この1年で、東日本エリアのADSL利用数は7,298、西日本エリアが1,002となり、合計で8,300加入となった。

 12月20日までの約3週間で3,000利用となっており、現在のところ、1週間あたり1,000件の割合で利用数が順調に増えている。最近では、ADSLサービスエリアも広がっていることから、今後この伸び率はさらに増加するものと見込まれる。もし、現在の伸び率が年末まで続くとすれば、年末段階でADSLサービス利用者は10,000利用数を少し下まわることになるだろう。

 韓国での10〜11月の実績はxDSLサービスの利用者数が月あたり約50万契約ずつ伸ばしており、導入工事にまつわる障壁さえ解消されれば、国内での利用数も飛躍的に増加することはまちがいない。なお、韓国における昨年11月末から本年11月末の利用伸び数は、ケーブルが約130万、xDSLが約240万。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top