タイタス、本日からJ-COMに統合開始 | RBB TODAY

タイタス、本日からJ-COMに統合開始

ブロードバンド その他

 タイタス・コミュニケーションズは、ジュピターテレコム(J-COM)との合併にともなう各種サービスのJ-COMへの統合を、12月1日付けで開始した。

 すでに契約済みのタイタスALLNETサービスは、2001年2月から順次J-COM@NetHomeに移行される予定。新規のALLNETサービス申し込みは11月30日をもって停止されている。また、既存のALLNET契約のオプションサービスについても、IPアドレスの追加など一部を除いて受付が停止となっている。

 ALLNETサービスからJ-COM@NetHomeへの具体的な移行は、サービスによって異なる。ベーシックは2000年2月1日より@NetHomeに移行され、ルータの使用などが禁止となる。プレミアムなどについては@NetHome側の対応するサービスが提供される予定が明確でないため、当面継続となっている。

 なお、2001年8月1日以降はALLNETサービスで提供されていた追加ホームページ容量や追加メールアドレスといったオプションサービスは終了となる。

 ALLNETベーシックサービスからJ-COM@NetHomeへの移行に伴い、ルータやサーバが利用できなくなるユーザについては、使用中の機材の買い取りを行うことを発表している。買い取り対象となるのは11月15日までに購入した機器とのこと。申込期間は12月1日から2001年1月15日までで、郵送にて申込書などを送る必要がある。

 インターネット接続以外でのサービスメニューの大きな変更点としては、電話サービスの「ただでん」(同一センターの加入者間で、夜間の電話が無料で可能となるサービス)の提供停止がある。今後は「J-COMフォン」サービスに統合となり、NTT料金の半額での通話となる。
 
 タイタスの各センターの名称変更は以下のとおり。

  千葉センター  → J-COM東関東
  西東京センター → J-COM西東京
  相模原センター → J-COM相模原
  板橋センター  → J-COM板橋
  群馬センター  → J-COM群馬
  タイタス相鉄  → J-COM大和
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top