ソニー、ポイントツーポイントの高速無線通信サービスを開始 | RBB TODAY

ソニー、ポイントツーポイントの高速無線通信サービスを開始

ブロードバンド 回線・サービス

 ソニーは、加入者系無線アクセスシステムを使ったワイヤレス専用線サービス「bit-drive」のひとつとして、6Mbpsと156Mbpsのサービスを追加した。22GHz帯の電波を使用し、見通しで2kmまでの近距離2地点間を接続できる。

 bit-driveは、オフィスビルの間を接続したり、マンションの棟同士を接続してローカルネットワークを構築するというFWAサービスである。サービスエリアは、6Mbpsが仙台市、東京都23区、横浜市、厚木市、浦安市、市川市、大宮市、浦和市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市(計14エリア)。156Mbpsが東京都23区、名古屋市、大阪市、福岡市(計4エリア)となっている。サービスエリアは順次拡大の予定である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top