NTTコミュニケーションズ、音楽・映像コンテンツの配信プラットフォーム「Arcstar MUSIC」を12月から商用サービス開始 | RBB TODAY

NTTコミュニケーションズ、音楽・映像コンテンツの配信プラットフォーム「Arcstar MUSIC」を12月から商用サービス開始

ブロードバンド 回線・サービス

 NTTコミュニケーションズは、コンテンツファイルのダウンロード配信用プラットフォーム「Arcstar MUSIC」の商用化を12月よりスタートすると発表した。

 Arcstar MUSICは、音楽だけでなく映像にも対応したシステムで、コンテンツオーサリングから配信、著作権保護、課金、カスタマーサポートまで、コンテンツ配信に必要な機能を提供する。

 データ視聴のための鍵とコンテンツデータ本体が分離して扱えるため、ストリーミング配信だけでなく、衛星配信やCD-ROMによるデータ配布などに対してもコンテンツの管理が可能。発表されたMegaWave Selectの映画配信サービスでも、データはCS衛星からマルチキャストで受け取り、鍵は別に入手するという仕組みになっている。

 ストリーミング形式はRealSystemとWindowsMediaに対応している。課金システムは、クレジットカード、カルレ(電話料金とあわせての回収代行システム/NTTコミュニケーションズ)、プリペイドカードに対応している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top