NTTドコモ、映像配信サービス「M-stage visual」の開始。同時に対応端末「eggy」を発売 | RBB TODAY

NTTドコモ、映像配信サービス「M-stage visual」の開始。同時に対応端末「eggy」を発売

ブロードバンド 回線・サービス

 NTTドコモは、12月8日より全国一斉にPHSを利用した映像配信サービス「M-stage visual」を開始、同時にM-stage visualに対応した端末「eggy(エッギィ)」を発売する。

 M-stage visualは、本サービスに対応した端末eggyからNTTドコモのインターネット接続サービス「mopera(モペラ)」に接続、moperaからニュース、映画・音楽情報、エンターテインメント、スポーツなど、さまざまなコンテンツをストリーミングまたはダウンロードする。ストリーミングおよびダウンロードする映像情報は、MPEG4を使用した動画である。

 配信は、時事VisualNews、日本テレビ、ハリウッドチャンネル、フジテレビジュアル、テレビ朝日、テレビ東京、スターチャンネル、フォーリンTVなど47チャンネルで130以上の番組が予定されている。

 サービスエリアは、全国のNTTドコモのPHS64kbps・32kbps提供エリア。利用料金は、M-stage visualサービス利用料が月額200円(2001年5月末まで無料)、PHS通信料が1分15円。また、有料番組の場合は、さらに各コンテンツが設定した利用料が必要である。

 同時発売されるM-stage visualに対応した端末eggyは、NTTドコモの64kbps・32kbpsに対応したフルカラー表示の液晶パネルと、35万画素プログレッシブCCDカメラを搭載している。連続通信時間は約70分。メール送受信、インターネット、動画・静止画撮影機能、動画・静止画編集機能を有する。価格はオープン価格。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top