アットホームジャパン、J-COM@NetHomeへの加入者が3万件を突破 | RBB TODAY

アットホームジャパン、J-COM@NetHomeへの加入者が3万件を突破

ブロードバンド その他

 アットホームジャパンは、同社のインターネットサービス「J-COM@NetHome」への加入者数が14日時点で3万件を突破したと公表した。J-COM@NetHomeは、現在J-COM東京、J-COM湘南、J-COM木更津、J-COM群馬、J-COM茨城、J-COM浦和・与野、J-COMメディアさいたま、シーエーティーヴイ横須賀、J-COM福岡、J-COM北九州、J-COM下関の合計11社に提供されているが、12月1日よりタイタスグループがこれに加わる。

 J-COM@NetHomeの加入者は、6月15日に商用サービスを開始して以来、約2か月後の8月6日には1万件を、そして、ちょうど4か月後の10月14日で3万件に達した(従来のJ-COMの加入者を含む)。また、J-COM@NetHome以外のISPを通じて、同社のコンテンツを利用しているユーザーは約65,000件に登る。さらに、12月1日よりタイタスグループのALLNET利用者がJ-COM@NetHomeへ移行されることで、@NetHomeの加入者は今後一層増加するものと予想される。J-COM@NetHomeの加入者増は、J-COMやタイタスといったMSOの利用者を取り込んでいるという面もあるが、やはりCATVインターネットの利用者が確実に増加していることも裏付けている。

 同社では、年末にかけてサービス加入キャンペーンを実施する予定でいる。今後は、コンテンツを充実して、加入者の獲得やサービスエリアを拡大していくという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top