NTT MEと大京が共同で、高速ネット事業会社を設立 | RBB TODAY

NTT MEと大京が共同で、高速ネット事業会社を設立

ブロードバンド その他

 NTT MEと大京は、集合住宅やその周辺地域に、光ファイバやワイヤレスを利用した定額、常時接続のブロードバンドインターネットを提供するためのネット事業会社「ファミリーネット・ジャパン」を共同で設立した。

 ファミリーネット・ジャパンの事業内容は、ブロードバンドインターネットのインフラ構築(光ファイバ、ワイヤレス)、新築・既存マンションやその周辺地域へのインターネット接続サービスの提供、ブロードバンドインターネットサービス用ポータルサイトの運営やオンラインショッピング・教育・医療・看護・介護などのコンテンツの提供の3点。これらのサービス事業は、「CYBERHOME(サイバーホーム)」という名付けられた。

 同社が提供するインターネット接続サービスは、大京グループ3社が販売する新築・既存マンションを中心に、光ファイバとHomePNAを利用して、各戸に最大速度1Mbpsを、月額2,980円で提供するというもの(マンションの管理組合による一括加入方式)。

 また、こうしたインターネットマンションの屋上などにワイヤレスの基地を設置することで、その半径400m以内にある住宅にはワイヤレスで最大速度1Mbpsを、月額4,980円で提供する(ワイヤレスインターネットのサービスを利用)。なお、オフィスや学校などの教育施設にも、インターネットマンションを基地局とするサービス提供は行われる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top