武蔵野三鷹ケーブル、12月よりADSLによる定額サービスを追加 | RBB TODAY

武蔵野三鷹ケーブル、12月よりADSLによる定額サービスを追加

ブロードバンド 回線・サービス

 武蔵野三鷹ケーブルテレビ(パークシティ)は、12月より月額5,200円(別途NTT回線使用料が必要)の定額コースを、CATV光ケーブルとADSLを組み合わせて提供する。伝送速度は最大512Kbpsの予定。

 同社が定額コースにNTT局舎まで自前の光ファイバを引き込み、NTT局舎からユーザー宅までADSLで接続するという方式を採用したのは、CATVケーブルが引けない、もしくは引き込みが困難な無電柱化地域や集合住宅の個人利用者を獲得するためのようだ。

 現在、同社は個人向けのサービスは従量制のみで、定額サービスは実施していないが、光ファイバ+ADSLによる定額サービスの導入により、一層の利用者拡大が図られるだろう。

 また、12月1日よりIA-128kbpsコースが速度128kbpsから256kbpsへと料金据え置きで速度アップし、IA-256kbpsコースへと名称が変更する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top