長野ケーブルが、ビデオストリーミング「HitPops」視聴実験に参加 | RBB TODAY

長野ケーブルが、ビデオストリーミング「HitPops」視聴実験に参加

ブロードバンド 回線・サービス

 長野ケーブルテレビ(avisケーブルインターネット)は、1日より高画質ビデオストリーミング「HitPops」の視聴実験に参加する。

 HitPopsは、衛星経由でCATVインターネットに高画質のビデオストリーミングを配信するので、バックボーンの接続速度に影響されないというメリットを持っている。HitPopsを視聴するには、AppleのQuickTime 4.1以上が必要となる。

 長野ケーブルテレビでは、ライブ放送を5チャンネル提供する「HitStream」を10月より配信する。また、HitStreamサービスはパソコンまで完全に対応するIPマルチキャスト方式を使ってコンテンツを配信しているが、avisケーブルインターネットでは設備の対応の問題などから、当分の間IPユニキャスト方式で配信する。

 IPユニキャストでは、視聴人数が多くなるとトラフィックも増大するために、同社では申し込み人数が多い場合、受け付け中止などの人数制限を行うことも検討している。なお、IPユニキャスト方式からIPマルチキャスト方式に移行した後は、こうした人数制限ははずされる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top