ACCSは7月頭に1000契約突破。22日にバックボーン増速し、固定IPアドレスサービスも検討 | RBB TODAY

ACCSは7月頭に1000契約突破。22日にバックボーン増速し、固定IPアドレスサービスも検討

ブロードバンド 回線・サービス

 研究学園都市コミュニティケーブルサービス(ACCS)は、22日よりバックボーンを増速するとともに、固定IPアドレスサービスを提供できる設備を増設する。

 同社はバックボーン回線速度を公開していないが、7月上旬にインターネットサービスの契約者数が1,000人を超え、帯域不足が現実化しているため、バックボーンを増速することにしたようだ。

 また、同時にプライベートIPアドレスを固定割り付けするための設備を増強するとしており、近々にグローバル固定IPアドレス割り付けのサービスが加わるものと思われる。現在のところ、ACCSはDHCPによってプライベートIPアドレスを動的に割りつけている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top