大京、2000年発売分のマンションからインターネット接続を標準サービスに | RBB TODAY

大京、2000年発売分のマンションからインターネット接続を標準サービスに

ブロードバンド その他

 マンション業界最大手のライオンズマンションは、2000年以降発売する物件に対して、インターネット接続サービスを標準で装備することを決定した。

 CATVを利用するものや電話回線を利用して常時接続を実現する「HomePNA」など、状況に合わせた低コスト(月額2,000円前後)のインターネット環境を提供する。合わせて、ネット通販やオーナー専用サイトなど、多角的なサービス提供の核として利用する計画。

 大京では、インターネットの重要性にいち早く着目、新設だけでなく、既存マンションのインターネット接続実験なども行っている。また、他社でもインターネット接続サービスの展開を予定しており、今後業界全体でも標準装備となる可能性が高い。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top