DSLサービスを提供する企画会社が7月に設立。三井物産を中心に計14社が出資 | RBB TODAY

DSLサービスを提供する企画会社が7月に設立。三井物産を中心に計14社が出資

ブロードバンド その他

 三井物産を発起人に、リズムネットコネクションズ、住友商事、ケーブル・アンド・ワイヤレスなど、日米欧の通信事業者、ISP計14社が、DSLを利用した高速アクセス網サービスの企画、運営会社「ガーネットコネクションズ企画株式会社」を6月末に設立する。

 現在、DSLは光ファイバのインフラが整備されるまで、最も経済的に整備できるインフラとして有力な技術で、東西NTTによる試験サービスの提供が開始されている。

 ガーネットコネクションズは、複数の通信事業者やISPに対して、DSLによる定額かつ高速常時接続インフラの提供を目差し、試験サービスの提供と、本格的な事業化に向けての接続交渉を行う。現時点で予定されているの試験サービスは、東西NTTとの相互接続交渉を開始後、株主となっている通信事業者やISP、実験サービスに参加する会社(富士通、CSKネットワーク)間で、東京都内4〜5か所と名古屋市内1〜2か所での相互接続が完了しだい、来年6月末まで提供することになっている。
 
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top