プラネックスコミュニケーションズが、11Mbps高速無線LANシステム「GeoWave(ジオウェイブ)」シリーズに新製品追加 | RBB TODAY

プラネックスコミュニケーションズが、11Mbps高速無線LANシステム「GeoWave(ジオウェイブ)」シリーズに新製品追加

IT・デジタル その他

 プラネックスコミュニケーションズは、ワイヤレスネットワークを手軽に構築するためのシリーズ、11Mbps高速無線LANシステム「GeoWave(ジオウェイブ)」に、アンテナ一体型PCMCIAカード「GW-NS110PX」を追加、7月上旬より発売を開始する。

 GW-NS110PXは、標準のIEEE802.11b規格に準拠し、無線インターフェイスのみで相互通信が可能なAdHocモードに対応したワイヤレス機器。また、アップルコンピュータのAirMacとの相互通信を実現しているので、DOS/VマシンだけでなくMacintoshを有するような環境では、低コストでワイヤレスネットワークを構築できるだろう。なお、本製品は同シリーズのアクセスポイント「GW-AP110」を使用したインフラストラクチャモード通信にも対応している。

 本製品は、PCカード部とアンテナ部を一体したアンテナ一体型を採用することで強度を確保、ノートPCでの利用にも最適な設計だ。使用する周波数は2.4GHz帯、伝送距離は250m(1/2Mbps時)。伝送方式に直接拡散型スペクトラム拡散方式を、内部に2つのアンテナをもつダイバシティアンテナを採用することで、ノイズに強い高速なデータ転送を提供してくれる。

 また、最大14個のチャンネルを利用できるので、ネットワークトラフィックを大幅に軽減できる。なお、1つのチャンネルには1つのワークグループを割り当てられる。セキュリティには、ESS-ID、MACアドレスフィルタリング、WEPを使用。

 対応するOSは、Windows 95/95/NT 4.0、Windows 2000で、対応機種は、DOS/VとNEC PC-98NXシリーズ。価格はオープンプライス。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top