Rosenet、月額料金据え置きで回線速度を大幅アップ | RBB TODAY

Rosenet、月額料金据え置きで回線速度を大幅アップ

ブロードバンド 回線・サービス

 ケーブルテレビジョン東京(Rosenet)は、6月1日より個人向けのコースで料金をそのままに回線速度をアップする。メンバーズが64→150kbps、パーソナルが128→200kbps、ファミリーが256→300kbpsと大幅なアップである。また、法人向けにこれまでのエコノミー、スタンダードに加えて、下り384kbps/上り192kbpsで月額48,000円のビジネスコースと、下り512kbps/上り256kbpsで月額68,000円のファーストコースの2つのコースを追加する。なお、同時にエコノミーの月額料金を24,000円から22,000円に値下げする。

 オプションでは、これまで無料出行われていた個人向けのグローバルIP割り当てサービスを5,000円の有料に、また法人向けのグローバルIP固定割り当てサービスを2,000円から1,000円に、独自ドメイン管理料を2,000円から1,000円に変更される。また、独自ドメイン以降手続きの一時金として、5,000円かかることになった。

 同社では、この新メニューの導入とともに、6月1日から7月31日まで登録料が無料で、さらにケーブルテレビ初期費用を割り引くというキャンペーンを行う。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top