東京めたりっく通信、5,000回線を準備してADSL商用サービス実験開始 | RBB TODAY

東京めたりっく通信、5,000回線を準備してADSL商用サービス実験開始

ブロードバンド 回線・サービス

 東京めたりっく通信は、4月より青山、三田、池袋、茅場兜に各局800ラインずつのADSLラインを準備し、Aシリーズの商用サービスに向けた実験を開始する。

 利用料金は、A1(下り650kbps/上り250kbps)が5,500円、A2(下り1.6Mbps/上り270kbps)が8,000円。これとは別に、初期費用がブリッジタイプで37,000円、ルータタイプで52,000円かかる。月額料金はほぼケーブルインターネットと同レベルであるが、帯域はA1であっても標準的なケーブルインターネットが提供している512kbpsよりも太い帯域を提供する。ADSLサービスの全国展開が始まれば、ケーブル事業者はサービス品質を見直す必要が出そうだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top