東電、ジャパンネット銀行へ5%の出資 | RBB TODAY

東電、ジャパンネット銀行へ5%の出資

ブロードバンド その他

 東京電力は、ジャパンネット銀行へ5%の出資をする。同行は、さくら銀行、富士通が進めているオンライン銀行だが、東電が加わることで、同社グループのTTN、スピードネットも含めたインフラグループ全体がジャパンネット銀行を使った決済に関係しそうな雰囲気だ。

 こうした東電の最近の動きだが、インターネットインフラを含めた、インターネットサービスに大きく関与してきている。最終的に同社がいきつくところは、オンラインでの電力メータ計測による、人件費の大幅圧縮だろうか。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top