タイタス、小平でALLTELサービスを開始 | RBB TODAY

タイタス、小平でALLTELサービスを開始

ブロードバンド 回線・サービス

 タイタス・コミュニケーションズは、明日より西東京センターエリア内の小平市でALLTELサービスの提供を開始する。

 同社は、小平市をスタートとして、西東京エリアの東久留米、田無市、保谷市へとALLTELサービスエリアを広げていく方針でいる。また、板橋センターエリアでもALLTELサービスを導入する予定だ。

 ALLTELは、20秒単位課金で、同一エリア内のALLTELユーザ間では深夜の電話料金が無料となる料金制度を採用している。これは、短時間で通話が終わる電話サービス業や家庭に向けての大きなマーケットをつかめる料金制度である。ケーブルのフルサービス向けアプリケーションとして根付くか、興味深いところだ。なお、ALLTELの電話システムは交換機を利用したものだが、電話サービスがフルサービスの有効なアプリケーションとして認識されれば、他社もIP電話で追従する可能性がある。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top