番号ポータビリティの 研究所報告書がまとまる

ブロードバンド その他

 郵政省が進めていた番号ポータビリティ化に向けた費用負担に関する報告書がまとまった。

 これは、NTT以外のキャリアを利用した場合、電話番号が変わるためになかなかNTT以外のキャリアにシフトしないということから発生してきた問題で、他のキャリアでも同一の電話番号を利用するために、ネットワーク変更に伴う費用負担を研究してきた報告書である。 報告書内では、段階をへて徐々に番号ポータビリティを実現する方向を示唆している。
《RBB TODAY》
page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら