128kbpsあたり70人設定の帯広シティケーブル

ブロードバンド その他

 帯広シティケーブルが、2月の3週目における時間平均接続数を公開した。

 ベストエフォートタイプのCATVインターネットサービスは、混み合うと接続端末速度に対して圧倒的に実効速度が遅くなる。帯広シティケーブルは、時間あたりの接続数を監視し、利用者35〜70人単位で128kbpsを割り振る方向でいる。これの根拠として、バックボーンの混み合い状態を想定できる2月の3週目での時間単位における利用者数の推移グラフを公開している。こうしたものの一般公開は同局がはじめての試みである。
《RBB TODAY》

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら